オープンガーデンとは

更新日:2022年06月09日

2022年の恵み野花マップについて

今シーズンの恵み野花マップ&恵庭遊マップは、ガーデンフェスタ北海道2022の開催に伴い1日あたり大勢の鑑賞客を迎えることや新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、例年記載しておりますオープンガーデン情報の掲載は控えさせていただくことといたしました。
楽しみにしていただいた方々には大変申し訳ありませんが、ガーデナーや近隣住民の方々、来訪者の皆様の安全を第一に考え、このような対応とさせていただいております。
みなさまにおかれましては、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

(写真)1枚目、木に満開に咲くピンクと白の花。2枚目、小道の両脇に草木が植えられ、奥にはテーブルとイスがあるお庭。3枚目、ピンクや白の花が咲き、芝生やタイルで整えられた庭の様子。4枚目、ウッドデッキにあるテーブルとイスを囲むように花や草木が植えられています。

恵庭のオープンガーデンとは

オープンガーデンとは、個人やお店などが自分で手入れしているお庭を一定の期間公開することです。

恵庭のオープンガーデンは、特に恵み野地区で盛んです。

ニュージーランドにあるクライスト・チャーチでの視察をきっかけとして、1991年夏に「恵み野フラワーガーデニング・コンテスト」が行われ、次第に「花のまち」として全国的に知られるようになりました。

見学や視察で恵庭を訪れる人が増えていくなか、平成17年に恵庭市民ボランティア花ガイドが活動を開始しました。

「恵庭花とくらし展」では、花ガイドによるオープンガーデンツアーも行っています。

公開期間

2022年シーズンにおいては、原則、一般個人宅のお庭の鑑賞は歩道越し・堀越しなど敷地外からの鑑賞のみとさせていただきます。

 

お花の愛好家は見頃を大切にしています。

恵庭の庭は、6月下旬から8月下旬が見頃となり、9月にはほとんどの庭がクローズになります。

また、庭主さんの都合により、期間内であっても敷地外からの鑑賞のみになることがあります。

場所は「花マップ」で

恵み野花マップ2022

花マップの例

2022年は例年記載しておりますオープンガーデンの情報及びマークについてはございません。

オープンガーデンの場所は、毎年6月上旬頃に発行のパンフレット「恵み野花マップ&恵庭遊マップ」に掲載しています。配布場所は道と川の駅「花ロードえにわ」、市役所花と緑・観光課、支所・出張所、JR恵庭・恵み野・島松駅、恵み野商店会の一部店舗、市内観光施設等となっております。

以下のサイト、市ホームページの「恵み野花マップ&恵庭遊マップ」からダウンロードすることもできます。

守っていただきたいマナー

個人宅のお庭を拝見することとなりますので、マナーが非常に大切になります。花に囲まれた楽しい時間をお過ごし頂くため、見学時には注意事項を守りましょう。

花マップに記載されておりますので、ご確認ください。

オープンガーデンにご協力いただける方を募集しています

「恵み野花マップ&恵庭遊マップ」への掲載にご協力いただける方を募集しています。恵庭観光協会事務局 0123-21-8900までご連絡ください。

なお、オープンガーデンをされているお宅の近隣にお住まいの皆様にあたっては、見学者の車が自宅前に停められてしまうなどご迷惑をおかけするかもしれません。市並びに観光協会は、見学マナーの周知・啓発に努めて参りますので、ご理解の程お願いいたします。

このページに関するお問い合わせ先

経済部 花と緑・観光課

電話 :0123-33-3131(内線:2521)
ファックス :0123-33-3137
お問い合わせはこちら