ガーデンエリア

更新日:2021年07月30日

エリア図

花の拠点のメインエリアとなる「ガーデンエリア」です。

「ガーデンエリア」は、高野ランドスケーププランニング株式会社の村田周一氏監修で、村田氏の他、北海道を代表する11名のガーデナーが設計しました。
7つのエリアに分かれており、それぞれ特色あるコンセプトのガーデンとなっております。

えこりん村 キッチンガーデン

キッチンガーデン

 【設計者】前野 貴子氏 / 後藤 司氏 (えこりん村)
このガーデンは、野菜、果樹、ハーブを観て楽しめるようにデザインしました。
色鮮やかでちょっと珍しい野菜や、かわいらしくておいしい実をつける果樹、古来より薬用や染料として利用されているハーブ等を植栽しており、美しさや心地よさだけではなく、野菜が生長していく過程や新しい発見などを体現できる、「見る・知る・楽しい」がたくさん詰まっているお庭です。

グラベルガーデン

グラベルガーデン

【設計者】 上野 砂由紀氏 (上野ファーム)

この庭は、砂利(グラベル)の庭です。土を使わずに、この環境を好む植物を選び、植栽デザインしており、肥沃な土壌でなくても育つことができる植物がいろいろあります。ここで育つ植物たちは、乾燥に強いものが多いので少雨でも育つことが特徴です。

プレイグラウンド

プレイグラウンド

【設計者】 新谷みどり氏  / 笹川慎太郎氏 (十勝千年の森)

私たちの日常は、いつも植物と共にある。
このプレイグラウンドは、そんな誰かのための場所。身の周りの自然と一体となって呼吸し、活動するための場所です。
地形や水辺、植生のもとある自然をいかしつつ、ところどころに石を配置し、新たな植生を育み、自然度が高く「いきもの」として遊びたくなる空間を目指しました。

ミチノモリ

ミチノモリ

【設計者】 北村真弓氏 / 高林初氏 / 田辺沙知氏

ミチノモリは、花のまち恵庭の中心にいながらゆっくりと深呼吸できる、様々な表情を魅せる森です。
雪に覆われる北海道の長い冬までも楽しむことを意識して、カラーステムを多く取り入れたデザインです。赤や黄色、緑のカラフルなグラデーションの幹や枝のカラーステムは、しんとした雪景色の中で魅力を発揮し、モノクロの景色に彩りを与えます。道の美しさを発見していただけるでしょう。

大きなカステラが焼けるお庭

大きなカステラ

【設計者】 柏倉一統氏 / 佐藤未季氏

このガーデンには、ダイニングテーブルやライブラリー、小さな芝生広場、小さな果樹園、木立と草原があります。
ピクニックを楽しんだり、寝そべって本を読んだり、大切な人たちとパーティをしたり、ゆったりと一人の時間を楽しんだり、ヨガをしたり、楽器を演奏したり、かけっこしたり、ベリーの収穫を楽しんだり、思い思いに過ごしてほしいという思いを込めて設計・デザインしました。
ヘルス&ハピネス、人々の健康と幸せの空間です。

暮らしを恵む庭

暮らしを恵む庭

【設計者】 恵庭市フラワーマスター協議会

この場所は市民に親しまれた「いこいの花畑」でした。
100種類以上の樹木や花を組み合わせた花畑は、たくさんの花友達をつなげる場所でした。
そんな「いこいの花畑」のお花たちは、この庭に一部引っ越して、これからもきれいに咲き続けます。

虹色の鳥

虹色の鳥

【設計者】 土谷美紀氏 (サンガーデン)

このガーデンは、小高い丘の下にあるとても日当たりのいい場所です。
センタハウスから森の庭を抜けた先にぽっかりと現れるガーデン。この環境にはにぎやかな花畑を作ろうと考えました。
今も花のまち恵庭を繋げている人々や未来の恵庭にいつも虹色の花が咲いていますように。感謝の気持ちを込めて作りました。

【Youtube】インタビュー動画

それぞれの設計者にZoomでインタビューを行った様子を、Youtubeチャンネルにてアップロードしています。
本ページで紹介しきれなかったたくさんの思い等も知ることができるので、ぜひご覧ください。
「花の拠点」設計者にZoomインタビュー!(Youtube)

関連サイト

このページに関するお問い合わせ先

経済部 花と緑・観光課

電話 :0123-33-3131(内線:2524)
ファックス :0123-33-3137
お問い合わせはこちら

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか
分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)

このページには、どのようにしてたどり着きましたか