新型コロナウイルスワクチン4回接種事案の発生について

更新日:2021年09月24日

発覚の経緯と原因

本件は国保連から市外で接種した恵庭市に住民票がある方で接種券付き予診票で接種した者の接種記録を入力する際に3回以上の接種していることが判明したものである。

本人に確認したところ「4回接種したことに間違いない。抗体が減少する旨の報道があったので自身で予約をし、接種を受けた。3回目接種の問診の際には1回目との虚偽の申告をした。」との回答があった。

対象者

男性(50歳代) 国家公務員 1名 

経過

・1回目接種日 : 令和3年5月18日【接種場所:市外医療機関】

※ 医療従事者として接種

・2回目接種日 : 令和3年6月8日【接種場所:市外医療機関】

※ 医療従事者として接種

・3回目接種日 : 令和3年8月22日【接種場所:北海道文教大学(集団接種)】

・4回目接種日 : 令和3年9月12日【接種場所:北海道文教大学(集団接種)】

ワクチンの種類

いずれもファイザー社製

健康被害

なし

再発防止策

問診時に接種回数について本人確認を徹底するものとし、市内接種医療機関に対し本案件の事案周知と注意喚起を行う文書を送付する。

 

このページに関するお問い合わせ先

保健福祉部 新型コロナウイルスワクチン接種対策室

電話 :0123-39-2151
ファックス :0123-25-5720
お問い合わせはこちら