住民票所在地以外での接種について

更新日:2022年06月10日

住民票所在地以外での接種について

やむを得ない理由がある場合の住民票所在地以外での接種

原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととしていますが、やむを得ない事情があり、住民票所在地以外の接種が認められる場合に該当する方は、住民票所在地以外で接種することができます。

住民票所在地以外での接種を希望する場合は、接種をする市町村へ住所地外接種届出済証の交付申請が必要です。

(注意)過去に交付申請された方でも、新たに接種を希望する場合は再度交付申請が必要です。

 

住民票所在地以外の接種が認められる場合

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  • 入院・入所者
  • 基礎疾患を持つ方が主治医の下で接種する場合
  • 災害による被害にあった方
  • 勾留又は留置されている方、受刑者
  • その他市町村長がやむを得ない事情があると認める方

住所地外接種届出済証の交付申請の方法

◎郵送申請

「住所地外接種届」を記載し、接種券の写し(コピー等)を添付して郵送してください。

 

◎窓口申請

「住所地外接種届」及び「接種券(又は接種券の写し)」を提出してください。

 

住所地外接種届(PDFファイル:218.8KB)

 

〈提出・郵送先〉

〒061-1442

北海道恵庭市緑町2丁目1-1(恵庭市保健センター)

新型コロナウイルスワクチン接種対策室

このページに関するお問い合わせ先

保健福祉部 新型コロナウイルスワクチン接種対策室

電話 :0123-39-2151
ファックス :0123-25-5720
お問い合わせはこちら