脳ドック助成券の受付について

更新日:2020年08月06日

令和2年度 脳ドック助成券の受付を【追加募集】します

令和2年度の脳ドック事業(国保・後期)について5月に受付申込を行いましたが、令和3年度からの助成の取り扱い変更にともない、脳ドック助成券の受付の追加募集を行います。

(助成の取り扱い変更前:「1年に1回の助成」→変更後:「2年に1回の助成」)

毎年、脳ドックの申込期間中は、多くの方が来庁され窓口で申し込みされております。しかし、現在は新型コロナウイルス感染症が流行しており、感染拡大防止のため、当市としましても来庁者の健康と安全を最優先とし、令和2年度の脳ドック申込は、はがき・封書による申し込みを推奨しております。申し込みされる皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、郵送による申し込みについてご理解の上、ご協力くださいますようお願いします。

脳ドック助成券の受付について

 

脳ドック助成券の受付について
項目 内容
対象

1.恵庭市国民健康保険被保険者であること。

(受付開始時点、40歳以上であり且つ受診日に国民健康保険被保険者である者)

2.令和2年9月30日時点で恵庭市後期高齢者医療制度被保険者であること。

【共通】心臓ペースメーカーを装着していない人

(注意)現在、脳疾患の治療中の人、脳内に手術クリップのある人、妊娠の可能性 のある人、人工心臓弁の人、その他体内に金属片のある人は申し込み前に担当医師に相談下さい

 

定員

国民健康保険:250人

後期高齢者:140人

助成限度額

16,000円を限度として助成

(注意)自己負担額は、市内受診の場合は6,000~7,000円程度

(申込時に各医療機関の自己負担額一覧を配布します)

実施医療機関

恵庭第一病院・恵み野病院・江別脳神経外科

受付期間

令和2年9月1日(火曜日)~令和2年9月11日(金曜日)

(注意)郵送申し込みの場合、消印有効

受診期間

令和2年10月1日(木曜日)~令和3年2月27日(土曜日)

 

申込みの際に必要なもの

国民健康保険被保険者証・後期高齢者医療被保険者証

申込方法

〇「はがき」で申込する場合【推奨】

「住所、氏名、生年月日、電話番号、保険証番号」を記入のうえ申し込み下さい

・通常窓口での予約受付を行っておりますが、新型コロナウイルス感染症が流行している本年度は、感染症拡大の防止及び予約申込者の皆様の安全確保のため、「はがき」による予約申込を推奨しております。なお郵送による申込の場合は、受付期限の消印までが有効となりますのでご注意ください。

〇窓口で申込 をする場合

申込場所「国保医療課(8番窓口)、島松支所、恵み野出張所、中恵庭出張所」となります。申込書は各窓口に備え付けております。また市ホームページからも入手できます。

注意事項

〇申し込みは1人1枚、本人のみ有効。電話による申し込みは受付しておりません。

〇恵庭市国民健康保険の資格を喪失(転出又は社会保険等へ加入)した場合は受診することはできません。

問い合わせ申し込み先

〇「はがき」で申込する場合の宛先

〒061-1498 恵庭市京町1番地 恵庭市役所 国保医療課 脳ドック事業担当者まで

〇問い合わせ先

電話番号:33-3131

国保給付担当 内線1163・1164 / 後期高齢者担当 内線1167・1168

 

ダウンロード

このページに関するお問い合わせ先

保健福祉部 国保医療課
電話 :0123-33-3131

国保加入者 国保給付担当(内線:1163・1164)
後期高齢者医療制度加入者 後期高齢者医療担当(内線:1168)
お問い合わせはこちら