国民健康保険医療費通知(医療費のお知らせ)について

更新日:2020年05月26日

 医療費通知は、健康に対する認識を深め、医療機関にてお支払いただいた自己負担限度額を除いた医療費が国保制度から支払われていることを理解していただくことで、国保制度の健全な運用に資することを目的としており、年6回医療費通知を、医療機関を受診した国保加入者の方がいる世帯を対象に、世帯主(国保上の世帯主を含む)宛に送付しています。

(注意)北海道国民健康保険補助金を一部活用し、北海道国民健康保険団体連合会に委託し発行しています。 

注意事項

  • この通知は、みなさんの医療機関への受診状況についてお知らせするものであり、請求書ではありません。また、医療機関の請求の遅れや請求内容等が審査中のものなど、一部受診記録が記載されていない場合があります。
  • 所得税の医療費控除について、平成29年分の確定申告から必要事項が記載された医療費通知を添付することで、「医療費の明細書」の記入が省略できるようになりました。ただし、恵庭市国保から送付している「医療費のお知らせ」は、平成29年分の確定申告では使用できない様式となっているため、これまでどおり明細書を作成し、申告してください。
  • 平成30年分の確定申告から使用できる様式に変更されました。平成30年1・2月診療分の医療費通知から、2ヶ月診療分ごとに年6回送付します。
  • 平成30年分の確定申告で使用する場合は、平成30年1月・2月診療分からの医療費通知をご使用ください。(注意)医療費通知に反映できない月分の医療費は明細書に記入になります。

(注意)平成30年8月診療分からレセプト(医療機関が健康保険に医療費を請求するために、行った処置や使用した薬剤等を記載した明細書)の様式が変更になり、重度心身障害者医療・子ども医療・ひとり親医療の助成内容が記載されるようになりました。
 このことに伴い医療費通知についても平成30年8月診療分から“支払った医療費の額”の欄には助成後の窓口負担額が載るように変更となっています。

このページに関するお問い合わせ先

保健福祉部 国保医療課

電話 :0123-33-3131(内線:1161)
ファックス :0123-34-2220
お問い合わせはこちら