このページの本文へ移動
 

インフルエンザにご注意ください


★インフルエンザの流行について★

 現在インフルエンザが流行しており、千歳保健所管内の1週間ごと定点報告数(※)が37.38人
   (平成31年1月7日~平成31年1月13日分)に達したことから、警報レベルの開始基準値30.00人を超え、インフルエンザ警報が発令されました。
 流行拡大防止のため、一層の予防につとめてください。


(※「定点報告数」とは、保健所管内の指定された医療機関1か所あたりの患者数をいいます。
    なお、昨年(2017年)の千歳保健所管内最大定点報告数は23.88人でした。)

 手洗いや咳エチケットなど、日常的な感染防止に取り組みましょう。

 インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛など、普通の風邪に比べて全身の症状が強
く、気管支炎や肺炎を合併して重症化することが多いため、体力のない高齢者や乳幼児など
は、特に注意が必要です。症状が現れたときは、早めの医療機関受診を心がけましょう。 

   感染予防のために  

 1.外出後の手洗い、うがいの励行
   
手洗いは、手指など体に付着したウイルスを除去するために有効な方法であり、感染予防の基本です。
   外出後の手洗い、うがいは感染症予防のため必ず行いましょう。

 2.適度な湿度の保持
   空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾
   燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

 3.十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
   体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

 

 

※画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

 咳エチケット

  • 咳・くしゃみが出るときは、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。
  • マスクを持っていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔を背けて1メートル以上離れましょう。
  • 鼻汁・たんなどを含んだティッシュはすぐゴミ箱に捨てましょう。
  • 咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)
このページのお問い合わせ先
保健福祉部 保健課
電話番号:0123-25-5700 内線812~824
FAX番号:0123-25-5720
メールアドレス:hokenka@city.eniwa.hokkaido.jp
恵庭市役所
〒061-1498 北海道恵庭市京町1番地 開庁時間 8:45~17:15(土曜,日曜,祝日を除く)
電話番号:0123-33-3131 FAX番号:0123-33-3137