このページの本文へ移動
 
  1. トップページ >
  2. くらしの情報 >
  3. 恵庭市郷土資料館 >
  4. 郷土資料館 >
  5. 利用案内 >
  6. 恵庭市郷土資料館常設展示

恵庭市郷土資料館常設展示

常設展示室へようこそ  

  ……………………………………………………………………………………………………………………………

 常設展示室は6つのテーマで構成されています。主な展示物は次のとおりです。

  第1部 恵庭の大地  ≪主な資料:動物の剥製、画像検索システム≫

約4万年前、支笏火山が大爆発を起こし、大量の火山灰が降り積もって恵庭の大地が形づくられました。
長い年月の後、豊かな緑におおわれ、さまざまな動物たちが息づく恵庭の大地となりました。

恵庭市郷土資料館、常設展示、動物・野鳥の剥製

動物・野鳥の剥製
 

恵庭市郷土資料館、画像検索システム

画像検索システム
 

  第2部 先住の人びと  ≪主な資料:柏木B遺跡環状土籬模型、北海道式古墳模型≫

恵庭に人が住み始めたのは約7千年前。
縄文文化、続縄文文化、擦文文化と幾千年もの間続いた人びとの生活の跡が多数発見されています。

 恵庭市郷土資料館~縄文文化の土器

遺跡発掘調査出土品~縄文土器
 

恵庭市郷土資料館、柏木B遺跡環状土籬(かんじょうどり)模型

柏木B遺跡環状土籬(かんじょうどり)模型
 

 恵庭市郷土資料館~恵庭の縄文文化

恵庭の縄文文化
 

恵庭市郷土資料館~デジタルフォトフレーム(発掘現場)

発掘現場のデジタルフォトフレーム
 

平成27年12月に改修工事を実施。埋蔵文化財コーナーでは、土器展示棚を改修工事し、これまでより土器や石器が見やすくなりました。展示資料には、最新の発掘成果を多く取り入れています。また、発掘現場の様子を撮影した写真をデジタルフォトフレームで公開しています。

  第3部 アイヌモシリ  ≪主な資料:丸木舟、狩猟用具、祭壇≫

擦文文化の次にすべてのものが神であり、人間は神の恵みを受けて生活するという考えを持ったアイヌ文化が続きます。
※アイヌモシリとは、アイヌ語で「人間の静かなる大地」を意味する言葉。
 

 恵庭市郷土資料館、アイヌモシリ、アイヌ文化

ヌササン~いろいろな神を祭ってある祭壇
 

 恵庭市郷土資料館、アイヌモシリ、アイヌ文化、丸木舟

丸木舟
  

  第4部 大地をひらく  ≪主な資料:農具、生活用具≫

本格的な開拓は明治19年から集団入植の人びとによって進められてきました。
未開の地での開墾は厳しい自然や災害との闘いでした。
やがて農作物が収穫され、牧畜や酪農も行われるようになりました。
 

 恵庭市郷土資料館~北海道地図 蝦夷図

北海道地図 「蝦夷図」
 

恵庭市郷土資料館~明治時代コーナー、農機具 

明治時代コーナー
 

 恵庭市郷土資料館~農機具

農具
 

恵庭市郷土資料館~解説パネル 

解説パネル
 

平成27年12月に改修工事を実施。江戸から明治時代のコーナーでは、江戸時代の探検家間宮林蔵が測量を行って作成された北海道地図「江戸図」が新たに展示に加わり、当時の恵庭周辺の様子を図上で確認することができます。明治コーナーでは、展示資料<農機具>の入替えを行い、解説パネルも見やすくなりました。

  第5部 村から町、そして市へ  ≪主な資料:林業の用具、生活用具、インクラン≫

明治39年、恵庭村が誕生しました。大正15年鉄道が開通したのを契機に、産業が発展して人口も増えてきました。
第2次世界大戦をへて、昭和26年町制が施行され、同45年には市となりました。
 

 恵庭市郷土資料館、林業の用具

林業の用具
 

恵庭市郷土資料館、インクライン、恵庭森林鉄道

インクライン
 

 恵庭市郷土資料館、囲炉裏

生活用具
 

恵庭市郷土資料館、昭和の生活具

生活用具
 

  第6部 みんなの恵庭  

 


 私たちはみな、長い歴史の中で培われてきた生活や技術を引き継ぎ、歴史のはしに立っています。
絶え間ない時の流れとともに、私たちの暮らしもとまることなく次の時代へと伝えられ、受け継がれていきます。
考えましょう。明日、どんな恵庭を創るのか。それが、未来の子供たちへの私たち一人一人の義務なのだから。
 

 

 

  昔遊び体験コーナー ≪主な玩具:おてだま、けんだま、ビー玉、おはじき、カルタ、たいこ等≫

エントランスホールに、昔懐かしいあそび、お手玉、けん玉、ビー玉、ブロックなど
昭和の玩具で遊べるコーナーを設置しています。ぜひ、昔遊びを体験してみてください。

 

恵庭市郷土資料館、昔遊び体験コーナー、けん玉、お手玉、びーだま

中2階 閲覧図書の一部
 

 

恵庭市郷土資料館、昔遊び体験コーナー、けん玉、お手玉、びーだま

中2階
 

  閲覧図書  ≪主な図書:中2階 国立歴史民俗博物館他、1階エントランスホール 北海道の博物館、資料館等≫

中2階には、国立歴史民俗博物館の展示解説書等の閲覧が可能です。
1階エントランスホールでも、北海道の博物館、資料館等の図書が閲覧することができます。
貸し出しもしておりますので、是非ご利用ください。※貸出期間は2週間です。

恵庭市郷土資料館、国立歴史民俗博物館の図書閲覧コーナー

中2階 閲覧図書の一部
 

恵庭市郷土資料館、図書閲覧コーナー

中2階
 

 

このページのお問い合わせ先
教育委員会教育部 郷土資料館
電話番号:0123-37-1288
FAX番号:0123-37-1288
メールアドレス:shiryoukan@city.eniwa.hokkaido.jp
恵庭市役所
〒061-1498 北海道恵庭市京町1番地 開庁時間 8:45~17:15(土曜,日曜,祝日を除く)
電話番号:0123-33-3131 FAX番号:0123-33-3137