このページの本文へ移動
 

火山噴火

火山

樽前山が噴火すると                                                                

ヘルメット1降灰      ヘルメット2噴出岩塊
火山灰は上空の風に運ばれます。上空の風は、地上の風とは異なり、強い西風の日が多く、そのため、降灰の危険区域(PDF 300Kb)は主に樽前山の東側に広がります。
降灰の危険区域(詳細版 PDF 1380Kb)
直径数10cm~数mの岩が火口から数kmまで飛びます。
ヘルメット3火砕流 ヘルメット4火山噴火
高温の軽石・火山灰・火山ガスなどが混ざりあって時速100kmを越える高速で斜面を流れ下る現象です。 土・岩片などが水とまざりあって時速数10kmほどの高速で谷を流れ下り、谷の出口で氾濫する現象です。谷、谷の出口、低い場所が危険区域になります。積雪の上に火砕流などが発生し熱で雪がいっきに溶けたときや、降灰のあったところに雨が降ったときに発生します。
 

 

もし噴火が始まったら 

あわてる必要はありません。落ち着いてすみやかに行動してください。 

漫画1気象台や測候所が発表する火山情報に注意しましょう。 漫画2テレビやラジオ、行政機関の広報などを聞いて正しい情報を得ましょう。
   
漫画3市町村長から避難勧告などの指示があった場合にはそれに従いましょう。 漫画4デマに惑わされないようにしましょう。
   

 漫画5

 降灰を吸い込まないように注意しましょう。がけや川のそばはなるべく避けて避難しましょう。                      

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)
このページのお問い合わせ先
総務部 基地・防災課
電話番号:0123-33-3131 内線2243
FAX番号:0123-33-3137
メールアドレス:kichibousai@city.eniwa.hokkaido.jp
恵庭市役所
〒061-1498 北海道恵庭市京町1番地 開庁時間 8:45~17:15(土曜,日曜,祝日を除く)
電話番号:0123-33-3131 FAX番号:0123-33-3137